いずみハートクリニック

コラム

【思春期】子どもの心を開く

2013年11月11日

子どもの心を開く

病的な症状や問題を引き起こしている子どもの心を開くには、北風ではなく太陽のような関わりが大事です。
太陽のような関わりって何でしょう?

それは
「子どもを許してあげる」
ことです。言い換えるなら、
「症状や問題を引き起こしたありのままの子どもを受け入れてあげる」
ことです。

例えば、子どもが万引きをしてしまったとしましょう。
万引きそのものは、社会的にも法的にも認められない行為です。
けれども、もし快活な心であれば万引きなどはしません。
万引きをせざるを得なかった子どもの心を見つめてあげることです。
その心に思いを馳せて、子どもをありのままに受け入れてあげるのです。

具体的にはこういうことです。
「万引きは絶対にダメやね」
「どのような理由があろうとも、自分のしたことに対しては責任をとらないといけないね」
と釘を刺しながらも、
「そうかあ、それは本当にしんどかったよね」
「万引きは絶対にあかんけど、どうしてもそうした気持ちにはなることがあるかもしれないね」
「こんなにしんどい気持ちの中で、本当によく頑張ってきたよね」
といったふうに、子どもの気持ちに共感し、認めてあげることです。

きちんと注意をして、けじめはつけなくてはいけない。
けれども、子どもを本当に救おうと思うなら、心の中の闇と葛藤している子どもの心を見つめてあげることです。
その精一杯の心を受け入れてあげることです。許してあげることです。
「やったことはダメでも、あなたという人間は受け入れているよ。許しているよ」
という思いが伝わったなら、それが子どもの心を開く第一歩となるのではないかと思います。

 


本当の自分に目覚め、幸せに生きるダイヤモンドの心の医療