いずみハートクリニック

コラム

【摂食障害】摂食障害の暗闇

2013年11月11日

摂食障害の暗闇

摂食障害の暗闇がどれほどに深いものか。
それは筆舌に尽くし難いものがあります。

今、この瞬間にも多くの摂食障害の人たちが暗闇の中に沈み、誰にもその心を理解してもらうことなく、孤独の中にいます。
どれほどに心の中で助けを求めているか?
それを理解する人はほとんどいません。
身近な親や友人であっても、その心はなかなか理解できません。

ときには、病気の心に洗脳されてしまって何も感じないような状態となって生きている子もいます。
そんな子は自分の心を「人形の心」「ロボットの心」「氷の心」と表現します。
でも、そうした子も「もし、誰か自分の心を理解し助けてくれる人がいるなら…、助けを求めて叫びたい」心の奥深くにはそうした気持ちが潜んでいます。

もちろん、摂食障害にもピンからキリまであります。
軽い状態の摂食障害だってあります。
だから、子どもが摂食障害になったからと言って、深刻に考え過ぎるのは良くありません。

ただ深刻でなくてもいいですから、真剣であってほしいと思います。
この病気はその本質と性質を知るならば、決して、決して気を緩めてはなりません。
気を緩めると、病気の心はアメーバのように無限に広がります。
そうして、いつの間にか本当の自分の心を覆いつくし、本人は自分自身を見失うことになります。

それはまさに、
“摂食障害という悪魔に憑依され、洗脳された状態に陥っている”
と言っても全く過言ではありません。
その先に待っているのは、絶望的な人生と死だけなのです。

だから、だから、摂食障害の子に対しては全身全霊でもって関わる必要があるのです。

摂食障害は大きな軍勢と同じです。
それに立ち向かうには、本人だけの力に委ねていてはほとんどの場合、太刀打ちできません。
人間を見つめ、摂食障害という病気の性質を知っている治療者のリーダーシップのもと、両親や医療スタッフなど多くの人が手を取り合って、戦略的に取り組んで、ようやく立ち向かえる相手なのです。

摂食障害の子がいたら、とことんその子と向き合うことです。
病気の重大性を真剣に学習して、学ぶことです。
そして、その子に対しては病気だけを見るのではなく、暗闇に覆われたその心を見つめてあげることです。

暗闇の心が見えたときには、その暗闇に圧倒されそうになるかもしれません。
でも、まずはそれでいいのです。
圧倒されそうになったということは、それだけ真剣に見つめてあげているということです。
その上で、もう一度自分を奮い立たせ、決してあきらめずに立ち向かっていくのです。

摂食障害の子への関わりと治療は、
「摂食障害の心の暗闇をどれだけ見ることができるか」
ということにかかっています。
この暗闇を見ない治療者や親は摂食障害を軽い病気として流してしまい、治療的な関わりをすることができません。
その間に、その子は沼の底に落ちていくように、絶望の人生に向かって着実に歩みを進めてしまいます。

摂食障害の暗闇を見つめ、見つめながらも決して逃げない。
その姿勢から摂食障害の治療は始まると思います。

 


本当の自分に目覚め、幸せに生きるダイヤモンドの心の医療